DとM

やってしまいがちなフェイスブック(Facebook)の間違いと対応方法

keyboard

Facebook(フェイスブック)は機能が豊富で便利なのですが、細かい設定が可能であるがために、やっちゃった〜という間違いも起きやすいSNSです。自己反省も含めて、よくありがちな間違いと対応方法を挙げてみました。

 

1.公開範囲を間違えて投稿した

 

ありがちにも関わらず、気づきにくい間違いです。

Facebookの個人アカウントの投稿には、「公開範囲」というものがあります。投稿を見られる人を、すべての人にするか、友達のみにするか、など選べます。「設定」メニューのプライバシー設定で、予め設定しておくこともできますし、投稿ごとに設定することも可能です。

facebook-privacy

 

「見られたくない人に投稿を見られてしまった」というケースは、本当は友達限定にしたかったのに、すべての人に「公開」してしまった場合。逆に「投稿に誰からも反応がない」というケースは、間違って「自分のみ」にしていて他の誰も見られなかった、という笑える話です。

 

ちなみに、公開範囲は投稿した後からでも編集可能なので、削除しなくても大丈夫!

Facebookアプリ、ブラウザ版で多少やり方は違いますが、各投稿の上部や右上あたりのマークから編集できます。やっちゃった〜という場合は、設定を編集してみてください。

 

iPhoneのFacebookアプリの場合

facebook-privacy-iphone

 

Facebookページの投稿は、すべて「公開」なので、公開設定はありません。

 

 

2.管理してるFacebookページに個人的な投稿をしてしまった

 

個人や会社でFacebookページを運営していて、自分が管理者になっている場合におやってしまいがちです。特に、スマホから投稿する際に。

私も、以前、プライベートでタイムリーな写真を投稿しようと思って、間違ってFacebookページ投稿してしまったことがありました。投稿直後に気づいたのですが、当時はスマホからの投稿削除方法が分かりにくく、自分で削除できなかったため、慌てて他の管理メンバーに連絡してPCで削除してもらった記憶があります。

 

今は、編集や削除はスマホでもPCでも簡単に行えるようになっていますので、間違いに気づいたら、すぐに対応しましょう。

間違いを防ぐには、「慌てて投稿しない」「必ず投稿前、投稿後に確認する」のような対処法しかありません。投稿を削除すれば済みますが、気をつけましょう。

 

 

3.グループへ投稿すべき内容を、個人アカウントまたは他のグループに投稿してしまった

 

これも2のFacebookページの間違い同様に起こりがちですが、より質が悪いです。

秘密グループなどの場合、メンバー限定の情報共有なので、それが外部に漏れてしまいます。

 

対応方法も2と同じく、「慌てて投稿しない」「必ず投稿前、投稿後に確認する」です。こちらも、間違いに気づいたら、すぐに削除。

 

少人数のグループの場合、カバー画像を設定しないままのこともあると思いますが、設定することでひと目でそのグループだと分かり、間違いを減らせます。

 

 

 

以下は、間違いとは言えないものの、気をつけておくと良いことです。

 

4.他のSNSから連携して投稿する

 

TwitterやInstagramのアカウントを開設すると、Facebookなど他のSNSとの連携を薦められます。

手軽に投稿を広くシェアするという意味では間違いではないのですが、それぞれのSNSの使い方や投稿フォーマットも異なりますので、なんでもかんでも自動連携するのはオススメできません。

 

例えば、Twitterに、短い文章を連続して投稿するような使い方をする方が連携している場合、Facebookのタイムラインに、短文投稿がズラズラっと並ぶわけです。Facebookのアルゴリズムで、連続投稿はあまり表示されなくなるとは思うものの、受け取る側にしてみればあまり気持ちのよいものではありません。

 

他のSNSと同じ内容を投稿する場合でも、Facebookの投稿スタイルに合わせて、ひと手間加えて投稿したほうがよいでしょう。

 

 

5.いきなり友達リクエストを送る

 

投稿の話ではないですが、「友達リクエスト(申請)」でも気をつけるべきことがあります。

 

誰にでも簡単に、友達申請ができてしまうのが、Facebookの特徴。

ただ原則として、面識のない方にリクエストを送るのは辞めましょう。

 

また、いきなりリクエストだけを送るのは、失礼だと思います。

会ったすぐ後に送るのならそれでも構いませんが、面識はあっても、しばらく交流のない相手に送る場合は、メールなりメッセージなりでひと言連絡をするべきでしょう。

 

Facebookでは、無差別に友達申請を送りつけるスパムもありますし、友人になりすました申請もあります。個人的にも、最近、友人の偽アカウントと思われる申請があり、本人に確認したことが数回ありました。お恥ずかしながら、このときは、多少おかしいなあと思いながら、OKをしてしまったのですが、後で友人から連絡があって偽だと分かり、削除しました。

 

リクエストのみを送りつけることは、相手に警戒されますので、気をつけましょう。

 

 

以上、Facebookでやってしまいがちな間違いをご紹介しました。

皆さん、SNSの投稿には、十分を気をつけましょう!

おすすめの記事

ページトップ