DとM

スマホ経由が9割?会社のホームページはモバイル対応すべきか

最初に結論から言うと、今すぐにでもスマホ(モバイル)対応すべきです!

 

ホームページ(ウェブサイト)は、いまや、会社の顔、お客様とのコミュニケーションの場としての役割が大きくなっています。何か、その会社や商品について知りたいと思ったら、多くの人がインターネット、それもスマホを使って調べることでしょう。

 

その時に、PC向けのサイトしかなかったとしたら、どうでしょう?

スマホの画面で見ると、文字が小さく、ごちゃごちゃしていて非常に見にくいですよね。

 

お客様や取引先のことを考えたら、スマホ対応のデザインが必要なことは明白です。

にも関わらず、未だにスマホ対応していないサイトが多く見られます

 

「そもそもホームページはあるけど、更新もしてないし、だれも見てないよー」という会社の場合、スマホ対応というよりは、サイトが無くてもいいくらいです(笑)

通常の会社にとって、ウェブサイトは会社の事務所やお店と同様に、きちんとしておくべきものです。

 

 

スマホ経由が9割?

 

そうは言うものの、「スマホの小さな画面では、そんなに見ないんじゃないの?」と疑問をもっている人もいるでしょう。

 

実際に私が運営に関わっているサイトのアクセスデータを調べてみました。

 

  1. 個人向けビジネスを展開している会社のサイト 80〜90%
  2. 法人向けビジネスを展開している会社のサイト 35〜40%
  3. ビジネスパーソン向け情報サイト 35〜40%
  4. アクセス数の少ない企業サイト 15%

 

がモバイル経由のアクセスでした。

 

サイトの内容によってもバラツキはありますが、概ねこのような傾向です。

ちなみに、全てモバイル対応済みです。

 

注目すべきは、1の個人向け商品・サービスを提供する会社です。

一般消費者向けの場合、多ければ9割の人がスマホで見ているということです。こまめにFacebookやTwitterなどのSNSで情報発信しているということも影響していると思います。

 

2、3の法人向け・ビジネス向けの場合、職場でのアクセスが多いからか、より詳しく見たいからか、スマホ率は下がります。それでも、4割近い人がスマホで見ています。

個人向けと比べるとSNSでの発信は少ないため、SNS経由よりもGoogleなどの検索サイト経由のアクセスが多いのが特徴です。スマホで調べる人も結構多いと言えます。

 

4のアクセス数の少ないサイトの場合、大半はPC経由のアクセスです。あまり更新もされず、そもそも見に来る人も少ないので、会社の調査などでPCで見ているだけなのかもしれません。

この状態のサイトは、スマホで見られていないから対応しなくていいや、ではなく、まずはサイトの活用をきちんと考えましょう。

 

他のサイトの運営者の話を聞いても、同様の傾向が見られます。今後、この数字はますます上昇していくことでしょう。現時点でのスマホ対応サイトは重要だと言えます。

 

 

スマホ対応サイトがないと検索で表示されなくなる?

 

最近、検索最大手のGoogle(グーグル)が気になる発表をしました。「モバイルファースト・インデックスの導入

簡単に言うと、今までは、スマホ経由であっても、PCサイトの内容に基づいた順位で検索結果を表示させていたが、今後はモバイルサイトの内容に基いて表示させる、というものです。

 

ここで気になったのが、モバイル対応していないサイトは、Google検索で表示されなくなるのか?ということでした。先ほどのGoogleのアナウンスによると、モバイルサイトがない場合は、PCサイトで評価をするとのことらしいので、全く表示されないということはないのでないかと思います。

 

ただ、Googleは、1年ほど前から、モバイル対応していないサイトの場合、検索結果に「モバイル対応していない」旨を表示させるなどしてきたため、モバイル対応していないサイトは利用者の利便性を考慮していないとして検索順位を下げるのではないかと噂されていました。

 

実際にどうなるのかは分かりませんが、このような状況からして、予めモバイル対応をしておくことは必須でしょう。

 

 

どのようにモバイル対応すればよいのか、については、また別の記事で紹介したいと思います。

廣田硝子インタビュー(後編)|デザイナーとのコラボレーションについて

hirota05

 

廣田硝子は、ここ数年、積極的に社外のデザイナーとコラボレーションしている企業でもあります。墨田区が行っている事業の「ものづくりコラボレーション」に参加されたことがあり、そこで生まれた製品が「すみだモダン」としてブランド認証を受けています。

後編では、実際にデザイナーとコラボレーションするうえでの想いについてお聞きしました。

 

hirota03

▲2010年すみだモダン認証商品の「江戸硝子醤油さし」

read more

廣田硝子インタビュー(前編)|伝統工芸を仕事にすること

hirota02

 

廣田硝子株式会社は、1899(明治32)年に創業した、硝子製品の製造・販売を行っている会社です。伝統技術を継承したハンドメイドの製品造りを行うなかで、近年では様々なデザイナーとコラボレーションした製品を生み出しています。
(廣田硝子webサイトはこちら

廣田社長に伝統工芸を仕事とすることの『想い』についてお聞きしました。

 

——廣田達朗社長は廣田硝子の4代目で、前職は酒造メーカーでお勤めだったそうですが、どのようなきっかけで転職なさったのでしょうか?    もともと、会社を継ごうというお考えがあったのですか?

廣田●特にそういう気持ちはなかったですね(笑)
親戚や周りから、「やってみないか」と声を掛けられたのがきっかけぐらいです。

read more

製造業とデザインのコラボレーション(後編)|篠原紙工インタビュー

img_2598

 

有限会社篠原紙工の篠原社長へのインタビュー(後編)です。

 

img_2567

▲社員の仕事を見つめる篠原社長

――「Factory 4F」を始める前と後では、どんな変化がありましたか?

篠原●まず、採用に困らなくなりました(笑)それに、単純に知名度が上がったという点でしょうか。

社内の内部的な変化で言うと、社員の意識や仕事に対する姿勢が変わったと思います。今までは、目の前にある製品までにしか目が届かなかったのが、社外のいろいろな人と関わりを持つようになって、製品を実際に手に取るお客さんのことまで意識が向くようになりました。

それまでは、良くも悪くもお客さんの顔を意識できていなかったので、出来上がった製品の端っこが、少しめくれていたりしても、それを手に取るお客さんが悲しむ顔を想像することができなかったんです。逆に、きちっとした製品を手にして喜ぶお客さんの顔も想像できなかった。社外のいろんな人と接するようになって、そこの意識が大きく変わりました。

read more

製造業とデザインのコラボレーション(前編)|篠原紙工インタビュー

img_2611

 

今回は、製本会社である有限会社篠原紙工の4階にある「Factory 4F」というスペースにお邪魔し、篠原慶丞社長にお話を聞かせていただきました。

篠原紙工は、デザイナーと共に「Factory 4F」を立ち上げ、定期的に工場見学を実施したり、頻繁にイベントやセミナーを開催していらっしゃいます。また、さまざまな特色を持つ6社の印刷加工会社でできた文具ブランドである「印刷加工連」の1社としても精力的な活動を続けている会社です。
(篠原紙工Webサイトはこちら

read more

ページトップ